若ハゲの改善法

若ハゲに効果的な薄毛治療とは?治療内容や費用・副作用を詳しく解説

若ハゲを病院で治療する薄毛治療について詳しくまとめました。「薄毛治療って何をするの?」ということから、必要な費用や薬の効果・副作用について徹底的にまとめています。

薄毛治療って何をするの?

治療とは言っても、何か病院で施術を受けるわけではなく、基本的には月に1度通院して薬をもらうだけです。薬をもらった後は、自宅で毎日決められた量の薬を飲むだけ。

病院によっては、育毛成分を頭皮に直接注射するメソセラピーという施術や、自主植毛などを行っている場合もありますが、基本的には毎日薬を飲むのが薄毛治療です。

「家で薬を飲むだけ」というかなり手軽な治療なので、薄毛で悩む多くの人が現在取り組んでいます。

薄毛治療で毛が生えるメカニズム

病院で処方される薬には、毛を生えさせる「ミノキシジル」、抜け毛を抑える「フィナステリド(プロペシア)」の2つがあります。薄毛治療は、2つの薬を飲むことによって、抜け毛を抑えつつ毛を生やしていきます。

ミノキシジルという成分は、元々は血圧を下げる薬として開発されましたが、副作用としては毛が生える効果があったため、薄毛治療に転用されるようになりました。そのため、心臓病などを抱えている一部の人は服用できないようになっています。

フィナステリド(プロペシア)の成分は、男のハゲの原因となる男性ホルモン・dht(ジヒドロテストステロン)を抑える働きがあります。この薬も元々は、前立せん肥大の治療薬として開発されましたが、抜け毛が減るということが分かったため、薄毛治療として利用されるようになりました。dhtを抑えることによって、生え際やつむじの抜け毛を抑えることにより、毛が抜けにくくするようになります。

薄毛治療は基本的には2つの薬が1セットです。ミノキシジルだけでは毛が生えても次から次へと抜けて意味がありません。フィナスイテリドだけでは、抜け毛を抑えられても毛を生えさせる効果がありません。

ミノキシジルとフィナスイテリドの副作用

薄毛治療薬は服用をストップしてしまうと効果がなくなってしまいます。

毛を生えさせるミノキシジルの場合、満足できるレベルまで毛が生えると服用を中止することがありますが、抜け毛を抑えるフィナステリドは基本的に飲み続けることになります。フィナステリドの服用を止めてしまうと、男性ホルモンの働きでハゲが再発するため、基本的には分量を減らしたり、飲むペースを落としつつも、服用を続けるのが一般的です。

「薬はいつまで飲み続けないといけないのか?」と気になるかと思いますが、その答えは「自分が薄毛を気にならなくなるまで」です。

たとえば、20代で薄毛が気になり始めたけど30代後半になったらある程度禿げるのは仕方ないよね、と自分で思えるならその年齢くらいには薬の服用を辞めることになります(やめるとハゲが再発していきます)。

人によっては、「50代60代くらいまではフサフサでいたい!」という人もいます。そういう場合は、その年代くらいまでは飲み続けることになります。

つまり、「いつまで薬を続けるのか?」という答えは人それぞれ違うというわけです。

そのため、薄毛治療は1か月や2か月だけではなく、1年以上、10年以上続ける人が多いため、副作用を気にする人も少なくありません。

ミノキシジルの主な副作用は、多毛症・めまいなど。病院では飲み薬として出されるため、全身の毛が濃くなる症状がよく言われています。眉毛や指毛などが濃くなったという声が多いですね。

フィナスイテリドの副作用は、精力減退や勃起不全など、男性ホルモンを抑制するので性的な副作用が多いです。ただし、発症確率は4%程度といわれており、何も感じずに服用を続けている人も多いです。

薄毛治療薬の副作用については、必ず出るわけではなく、むしろ多くの人は副作用を気にせずに飲み続けているというのが実情です。ただし、毎日飲み続ける薬になるため、副作用を心配して飲まない人もいます。

AGAクリニックで治療をする場合、万が一副作用が出ても担当医に相談することで適切な処置をしてもらえます。

薄毛治療に必要な費用

薄毛治療は、保険が効かない自由診療という扱いなので、病院によって値段はバラバラ。平均すると毎月2万円~3万円前後が相場になっています。

また、薄毛治療で費用が一番高いのははじめだけです。毛量がある程度回復すると、薬を飲む頻度を下げることもあるため、治療費もどんどん安くなっていくのが一般的です。

また、治療費がいくらになるのか?というのは、薄毛の進行状況や希望する治療内容によっても差があります。

たとえば、抜け毛を抑えるフィナステリドだけを処方してもらう場合、病院によっては月3,000円程度でOKな場合もあります。一方、ハゲてしまった部位をしっかりと発毛させるために、ミノキシジルとフィナステリド、その他サプリもセットで買った場合は月に3万円程必要になります。

薄毛治療はどこで受けられるの?

薄毛治療を行っているのは、AGAクリニックと呼ばれる薄毛治療専門の病院、または一部の皮膚科です。

AGAクリニックとは、最近テレビCMでもよく見かける薄毛治療を専門に取り扱う病院です。有名なところだと「ヘアメディカルグループ」「AGAスキンクリニック」「銀クリ」「湘南美容外科」などがあります。

皮膚科では、一部の病院でのみ薄毛治療を行っています。

ただし、AGAクリニックと比べると薄毛治療に関する医師の知識量の違いや治療内容も異なる場合が多いです。皮膚科では、ミノキシジルの飲み薬が処方されない場合も多いので、基本的にはAGAクリニックを受診することをおすすめします。

AGAクリニックを見極める3つのポイント

良いクリニックか、そうでないクリニックか、それを見極めるポイントは「治療実績」「明朗会計」の2つ。それにプラスして、「無料カウンセリング」を丁寧に行っている病院を選んでいけば、失敗する確率はうんと下げられます。

一つずつ詳しく解説していきます。

1.治療実績が豊富な病院を選ぶ

薄毛治療内容はどこの病院でも基本的に同じですが、医者によって処方される薬の濃度が違う場合があります。薄毛の進行状況に応じて成分の濃度を調整してくれた方がより自分に適した治療が受けられます。

治療実績が豊富なクリニックの場合、これまでの蓄積されたデータや経験があるため、より患者に適した薬を処方されやすいです。一方、治療実績の浅い新しい病院の場合、どこまで患者に合わせた薬が処方されるのか?は疑問点が残ります。

新しい病院が悪いわけではないですが、治療実績が豊富な病院の方が薄毛治療においては信頼度は高いです。

2.料金がホームページに明確になっている病院を選ぶ

薄毛治療は病院によって料金がバラバラなことを良いことに、高額な医療費ローンを契約させる病院も増えています。

最初は安いと思って契約したのに、実は総額がとても高い…ということで問題になることも。

それを避けるためにも、クリニックのホームページで料金がしっかりと記載されているかどうかを確認しておいた方が良いです。

特に大事なのが、「上限」がしっかりと記載されているかどうか。

良い例としては、「1万円~3万円」と書かれているケース。この場合、3万円以上の料金にはならないので、安心して通うことができます。

心配な例としては、「1万円~」と、上限が記載されていないケース。治療費にいくらが必要なのかわからないため、総額が高くなってしまう恐れもあるので気を付けましょう。

医療費ローンを利用するかどうかも検討しよう

病院によっては、通院のたびにお金を払うところと、初めに医療費ローンを契約する場合があります。

通院のたびにお金を払う場合、月に一度数万円が必要になるので、余裕がない場合厳しくなります。医療費ローンの場合、1回の支払いは少ないものの、総額が割高になるケースが多いです。

どちらが良い悪いかではなく、自分にあった支払いができるかどうかが大切です。

3.無料カウンセリングを行っている病院を選ぶ

いきなり治療を受けるのではなく、まずは無料で相談できる病院の方が安心です。

薄毛治療は1回や2回で終わるのではなく、1年2年と続けることになります。そのため、治療費の総額はかなり高額になるので、初めにしっかりと説明してくれる病院を選んでおいた方が良いです。

最近では、気になる病院をいくつか回って相性が良いクリニックと契約する人も多いです。

病院によって待合室やスタッフさん、お医者さんの雰囲気は全然違います。淡白なお医者さんもいれば、親身になって対応してくれる病院もあるので、実際に足を運んで自分に合った病院を選ぶことは大事です。

以上3点をしっかりと確認してからAGAクリニックを選ぶことをお勧めします。気になる病院があれば、まずはネット申し込みで無料カウンセリングを受けておくと間違いなしです。

では具体的に、上記3つをクリアした人気のクリニックをご紹介していきます。

評価の高いおすすめのAGAクリニック

AGAスキンクリニック

無料カウンセリング
治療費(オリジナルプラン) 14,000円~22,000円
医院 全国51院
支払い 現金・クレジットカード・メディカルローン
医療ローン 取り扱いあり

発毛相談実績100万人以上!日本人の薄毛のために開発された独自の治療薬が効く!

AGAスキンクリニックは、テレビCMや電車広告でも頻繁に見かける人気病院です。メディア露出も多く、信頼できる!と多くの男性が治療を始めています。

全国に51院を展開しているから、地方に住んでいる人でも通いやすいのが人気の理由です。

基本的な治療としては、AGAスキンクリニックのオリジナル治療薬「Rebirth」を服用することになります。

オリジナル治療薬には、毛を生やすミノキシジル、抜け毛の進行を抑えるフィナステリドが含まれてるため、毛を生えさせる効果が期待できます。

他の病院で処方されている薬とは違い、日本人の薄毛メカニズムを元に開発されているので、効果を実感しやすくなっています。

「AGAスキンクリニックで生え際が復活した!」「つむじハゲが気にならないくらいフサフサになった!」との声が多数書き込まれています。

費用は、14,000円~22,000円となっており、比較的続けやすい料金となっています。
分割払いにも対応しているため、支払いしやすく効果が出るまで続けやすいのも人気の理由です。

おすすめな人
  • 日本人に合った効果的な治療薬でハゲを解消したい人
  • 雑誌やWEBメディアでも特集されている信頼できる病院で治療を受けたい人
  • 毎月の支払いをできる限り抑えながら若ハゲを解消したい人
  • 全国展開しているから通いやすい病院を探している人

AGAスキンクリニックの詳細をチェックする

銀座総合美容クリニック

無料カウンセリング
治療費 7,200円~18,900円(税込/月)
医院 東京(新橋)
支払い 現金・クレジットカード
医療ローン 取り扱いなし

銀座総合美容クリニック(通称:銀クリ)は、医師はもちろん、スタッフまで徹底した患者目線で親身に対応してくれると評判の病院です。

淡白で営業色の強い病院もある中、徹底した患者目線での治療や対応が口コミで評判となり、県外から訪れる患者さんも多いです。

また、他の病院と比べて料金が安いのも人気の理由。1か月あたりの薬代は7,020円~18,900円で通いやすくなっています。

東京の新橋にしかないのが欠点ですが、通える範囲にあるなら足を運んでみることをお勧めします。

おすすめな人
  • 親身になって相談にのってくれるお医者さんが良い人
  • 料金が安くて治療を続けやすいクリニックが良い人

銀クリの詳細をチェックする

SBC湘南美容クリニック

無料カウンセリング
治療費(HRタブレット&スプレーセット) 19,800円
医院 全国88医院
支払い 現金・デビットカード・ビットコイン・クレジットカード・メディカルローン
医療ローン 取り扱いあり

テレビCMでもお馴染みのSBC湘南美容クリニックもAGA治療を受けられる人気の病院です。
全国88院あるので、地方に住んでいる方でも通いやすくなっています。

SBC湘南美容クリニックは、オンライン診療も行っているため、2回目以降の来院は不要な点も人気の理由。
仕事などで忙しくて通院できない場合でも、スマホで診察を受けられるので、わざわざ通院する必要がありません。

リピート率90%以上もあり、信頼して通えると評価が高くなっています。

おすすめな人
  • 全国展開しているから通いやすい病院を探している人
  • 毎月通院するのが億劫な人
  • 自主植毛などの内服薬以外の選択肢も視野に入れたい人

SBC湘南美容クリニックの詳細をチェックする

ヘアメディカル

無料カウンセリング
治療費 11,000円~32,000円(税別/月)
医院 東京・大阪・名古屋・福岡
支払い 現金・クレジットカード
医療ローン 取り扱いなし

ヘアメディカルグループは、東京・銀座・名古屋・大阪・福岡の全国5拠点に構えている老舗クリニックです。

月間15,000名以上が来院する国内最大手のAGAクリニックなので、治療実績がかなり豊富なのが人気の理由です。

他のクリニックに比べると治療費がやや高いという欠点があるものの、毎月1.5万円~3万円ほどと上限がきまっており、医療費ローンを組まされる心配がなく、明朗会計なのも安心できるポイントです。

おすすめな人
  • 国内最大手の治療実績が豊富なクリニックで治療を受けたい人
  • 明朗会計でお金の心配をせずに治療を続けたい人

ヘアメディカルの詳細をチェックする

まとめ

薄毛治療は若ハゲを改善するための有効な手段の一つです。

基本的にはどこの病院で治療を受けても、ミノキシジルとフィナスイテリドという薬を処方されるだけなので、効果の差はほとんどありません。

ただし、悪徳な病院も多い業界なので、できるだけ知名度と治療実績がある病院を選ぶことをお勧めします。

契約後に公開してしまったら大変ですからね。