若ハゲの改善法

若ハゲの改善方法を経験者が本音で語る!今すぐ取り組んでおくべきこと

・若ハゲを改善するためには何をすればいいの?
・家で簡単にできる若ハゲ改善方法を知りたい!

10代や20代でハゲが気になり始めると辛いですよね。
私は24歳で生え際が後退し始めたので、その気持ちよくわかります。

これまでに、育毛シャンプーや頭皮マッサージ、食生活の見直しなどをしてきたけど全く効果はありませんでした…。

いろいろな若ハゲ改善を試して最終的に行き着いたのが育毛剤です。

今では生え際の薄さは気にならなくなり、M字部分にも濃い毛がビッシリと生えそろっていますよ。

ネット広告で「シャンプーで毛が生えた」「サプリメントを飲んで復活した!」「頭皮マッサージでハゲが治った」などと書かれることもありますが、全て嘘です(汗)

厚生労働省が薄毛に効果があると認めている有効成分が含まれているのは、「薬」と「育毛剤」だけなのです。

この記事では、実際に生え際の後退から復活した経験を踏まえて、

・効果が認められている若ハゲの改善方法とは

・若ハゲを実際に改善した時に行った育毛法

・お金も時間も無駄にしてしまった効果がない方法

について詳しくまとめました。

効果がない方法に取り組んでしまえば、時間もお金もドブに捨てるだけです。

正しい知識を身に着けて、最短距離で若ハゲを改善していきましょう。

薄毛に効果的な対策方法は薬と育毛剤だけ

薄毛に効くことが認められているのは、病院で処方される「薬」か、通販や薬局で買える「育毛剤」だけです。

薬と育毛剤以外の対策方法については、効果があることが認められていないので、それだけに頼っても時間の無駄になります。

私も何も知らない時は、有名な育毛シャンプ-を買ってきて、毎日毎日期待しながら使っていましたよ。
当然、シャンプーで育毛するわけはなく、半年ほど使ったのに変化は全くありませんでした。

若ハゲを改善するためには、「薬」「育毛剤」のどちらかを選ぶ必要があるのです。

とはいえ、薬と育毛剤には効果の強さや副作用の有無、費用の違いなどがあるので、あなたに合った方法で取り組めばよいです。

後で詳しく書きますが、私は薬の副作用が怖かったので育毛剤を使って対策しましたよ。
今では若ハゲが全く気にならなくなったので、育毛剤を早めに使っておいて良かったと思います。

⇒ 私が若ハゲを改善するために使った育毛剤はコレ!

薬のメリット・デメリット(勃起不全・精力減退の副作用のリスクに注意)

若ハゲを改善するために、病院で薬を処方してもらう方法があります。

ミノキシジルという毛を生えさせる薬と、プロペシアという抜け毛の進行を抑える薬を飲みます。

毎日薬を飲むだけで毛が生えるといわれていますが、精力減退や勃起不全、鬱等の副作用が注意喚起されています。

実際、薬を服用した約4%の人に副作用の症状が出ています。しかも最近では、薬を飲むのを辞めた後も副作用の症状が続くことが問題になるなど、薬を使った治療の欠点も問題視され始めています。

「自分だけは大丈夫だと思った」と安易に飲み始めて後悔される方もいるのが現状です。

特に20代の若い世代の場合、薬は一度飲み始めるとやめることができません。薬を飲むのを辞めてしまうと、猛烈な勢いでハゲが再発する(リバウンド)ためです。

例えば50歳まで飲み続ける場合、約30年間も毎日飲み続けないといけないことになります。

既にハゲがかなり進行してしまっている人は薬を使うしか治療する方法はありません。

しかし、まだ毛が生えている場合は、育毛剤を使った対策に取り組人も多いです。

育毛剤のメリット・デメリット

育毛剤は薬ではないので、毛を生えさせる強い効果はありません。

しかし、今生えている細い毛や弱った毛に作用することで、育毛促進・発毛促進効果があることが認められています。

また、抜け毛の予防効果も認められているため、使うことでこれ以上酷くするのを予防する効果も期待できます。

薬とは違って副作用の心配がほとんどないため、20代の若い世代でも使い続けることができるのも若ハゲ改善として人気の理由です。

最近の育毛剤には、アレルギーテストを実施ているものもあり、敏感肌でも使えるよう低刺激なモノが主流になってきています。

育毛剤
メリット ・副作用のリスクがない
・薄毛・抜け毛の予防・発毛促進の効果がある
・毎月5,000円前後で使える
・自宅に居ながら使える
・抜け毛の進行予防・発毛効果がある
デメリット ・発毛はできない ・副作用のリスクがある
・毎月約3万円の費用が必要
・月に1度通院する必要がある

薬と育毛剤の違いは、効果や副作用だけではなく、毎月必要になる料金も全然違います。

薬を使った治療には毎月3万円前後の費用が必要になります。1年間続けた場合、薬なら約30万円もの金額が必要になってしまうというわけです。

育毛剤なら1万円以内で始められます。わざわざ病院に行く必要もなく、スマホで今すぐ注文すればすぐに対策を始められます。

上で書いた通り、若ハゲは放置してしまうと日に日に酷くなっていきます。金銭的に厳しいからと何もしないでいると確実にハゲは進行してしまうのです。

そのため、10代や20代の多くの人が、まずは育毛剤を使って若ハゲ改善をスタートし始めています。

最近の育毛剤は専門家が認める成分が含まれているなど、効果を実感する人も多いです。

毎日のお風呂上り、濡れた髪をドライヤーで乾かす直前に育毛剤を手に取り、シュッシュッと頭皮に吹き替えるだけです。

お風呂上りのたった1分のケアをするだけで、発毛促進や抜け毛の予防効果を実感し、ハゲを気にしない生活を取り戻せます。

想像してみてください。

洗面所で鏡を見てワックスを手に取り、好きな俳優の髪型を真似して遊びに出かける自分の姿を。

ハゲを気にしなくなれば自然と自信を持てるようになり、学校や職場でも積極的に行動できるようになります。

自信がある男性は持てるので、気になる女性からの反応もこれまでとは変わることだってあるかもしれません。

少しでもハゲや抜け毛が気になっているなら、効果が認められている育毛剤を使って1日でも早く取り戻すことが大切です。

若ハゲに効果的な育毛剤については、次の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

参考:若ハゲに効く育毛剤おすすめ!副作用のリスクが低いから20代から選ばれている!

参考:育毛剤って本当に効くの?メリット・デメリットまとめ

効果がない?若ハゲの改善方法

上で書いた通り、若ハゲ対策には「育毛剤」か「薬」を使うのが一番効果的です。

しかし、ネットで調べてみると「食事の見直し」「ストレス解消」などなど、様々な若ハゲ改善方法が紹介されていると思います。

実は私も、育毛剤を使って復活する前には様々な対策方法に取り組みました。…ですが、そのほとんどは目に見えて効果を実感できないものばかりでした(だから育毛剤を使うようになったのですが)。

私が実際に取り組んだけど効果を実感できなかった若ハゲ改善法をいくつか紹介しておきます。

【効果なし】頭皮マッサージ

生え際の後退が気になり始めて一番初めに取り組んだのが頭皮マッサージでした。お風呂上りや仕事中など、気が付いたらやるようにしていました。

2か月くらいやったのかな?
だけど、結果は全然効果は無し。むしろ生え際の薄さが以前よりも増したような気さえしました。

今ならわかりますが、頭皮マッサージは育毛剤と併用してこそ意味があります。頭皮マッサージだけでは、一時的に血行が促進されるけど、1時間もたてば効果がないみたいです。

やるなら育毛剤を使った後に育毛剤の浸透を促進させるためにやるべきですね。マッサージだけで若ハゲが改善されるほど簡単なものではないです。

【効果なし】有酸素運動

有酸素運動をするとハゲに良いというネット記事を見たのでしばらく走っていました。が、こちらも全く効果はなし。

これも今考えれば当然ですが、有酸素運動で禿げないわけないんですよね。
一部の研究では、ジョギングでDHTが汗から排出されるという結果もあるみたいですが、やっぱり目に見えるほどの結果はないでしょう。

有酸素運動で禿げないなら、毎日定期的に運動している人は禿げないことになりますよね。でも、ジムに行けば薄くなったおじさんが有酸素コーナーにいますからね。

全身の血流を良くすることは育毛にとっても大事だけど、有酸素運動だけでは効果なし。

【効果なし】育毛シャンプー

育毛剤を使う前に取り組んだのが、育毛シャンプーというもの。ドラッグストアやネット通販でもいろいろ売っていますよね。

私が初めに買ったのは、テレビCMでもおなじみのスカル●Dってやつ。毎日毎日丁寧に使っていきましたよ。

1本使い終わったころにも当然生え際の薄さは変化なし。結構高かったんですけどね。

今ならわかりますが、シャンプーはあくまでも頭皮環境を整えるもの。最初にも書いた通り、若ハゲ対策にはAGAも何とかしないといけないので、これだけでは意味ないんですよね。

ということで、以上の3つのが実際に若ハゲ対策として取り組んだけど効果がなかったもの。
若ハゲを改善するなら、育毛剤を使ってしっかりと取り組んだ方が結局は近道だと思います。

まとめ

ネットで育毛法について調べると、いろいろな情報がヒットしてきます。
「このシャンプーで毛が生えた!」「ノンシリコンシャンプーが良い!」「ワカメを食え!」などなど。

私も知識がなかった頃は、ネットの情報を鵜呑みにしてずいぶんと無駄なお金を使ってきたものです…。

今ならわかりますが、若ハゲが気になり始めたならまずは育毛剤を使うのが最短で改善できます。

たしかに、病院で薬を処方してもらうという方法も効果はあります。
医者に診察してもらって薬を出してもらうので、効果も強く、毛がなくなった人でも実感している人はいます。

ただし、強い効果があるため副作用のリスクも高くなっています。
せっかく毛が生えても、男としての活力がなくなるのは絶望的ではないですか?

しかも、薬は服用を辞めてしまうとハゲは再発してしまうため、一生飲み続ける必要があります。

毎日毎日薬を飲み続ければ、何かしらの副作用の心配をするのは当然です。

私は薬の副作用のリスクや金銭的な負担が怖くなって育毛剤を使い始めましたが、結果として発毛促進されてハゲは気にならなくなったので満足できています。

まずは育毛剤を試してみて、それでもだめなら薬を服用すれば低リスクで効果的な対策に取り組めると思いますよ。

私が若ハゲを改善するために使った育毛剤を次のページでまとめているので参考にしてみてください。

この記事を読んだ多くの人が次の記事を読んでいます