若ハゲの原因

若ハゲの原因はAGAだけではない!10代20代で薄くなる原因を徹底解説

まだ10代20代なのに生え際が後退してきた、つむじ周りも気になる。
周りはフサフサなのにどうして俺だけハゲるの?と行き場のない不安や焦りに悩んでいませんか?

私は24歳で生え際が後退しはじめました。
「このままハゲて彼女にも振られてしまうのかな。周りにバカにされながら生きていくのかな。」と悩んでいた時期がありました。

でも「何とかしたい。絶対にハゲだけは避けたい」と強く思い、専門書や海外の論文を読み漁って効果的な対策を実践した結果、今では生え際が気にならないレベルにまで復活しています。

周りからハゲをいじられることもありませんし、美容院でも気にせずカットもらえるようになりました。

若ハゲが酷くなる前に効果的な対策に取り組めば、改善できる時代になっています。
多くの企業やメーカーが毎年育毛についての研究成果を報告していて、効果がある対策法がどんどん出てきています。

ただ、注意しないといけないことがあります。
それは「間違った方法で対策しても意味がない」ということです。

ここからは、若ハゲになってしまう原因や厚生労働省が効果を認めている対策方法について詳しく解説していきます。

若ハゲの6つの原因

若ハゲの原因として考えられているのは、主に次の6つです。

  1. AGA(男性型脱毛症)
  2. 頭皮環境の悪化
  3. ストレス
  4. 運動不足
  5. 睡眠不足
  6. 食生活の乱れ

特に多いのが、「AGA」と「頭皮環境の悪化」です。
私はこれら2つを対処することで復活できましたし、若ハゲを解消した人の多くがこの2つを意識的に対策しています。

食事や睡眠だけを見直してもなかなか効果を実感できないことが多いので気を付けてください。

では、一つずつ詳しく見ていきます。

若ハゲの原因1:AGA(男性型脱毛症)

若ハゲの原因として一番有名なのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAとは、男性ホルモンのテストステロンと、5αリダクターゼ酵素が結合して発生する脱毛ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)によって脱毛してしまうこと。

生え際のM字後退や、つむじ部分だけが薄くなるのが特徴です。

少し前までは「若ハゲ=AGA」だと考えられていましたが、若ハゲはAGAだけが原因ではないことも明らかになっています。

実は、10代や20代でAGAを発症する割合はかなり低いことが明らかになっています。

年代別AGAの発症率
  • 20代:6%
  • 30代:12%
  • 40代:32%
  • 50代:44%
  • 60代:51%
  • 70代:61%

上図を見るとわかる通り、20代でAGAを発症するのはわずか6%しかいません。10代はもっと低いです。

AGAは40代以降ではかなりの割合になるものの、10代や20代の若ハゲはAGA以外の原因も要因として考えれています。

実際、AGA治療薬であるプロペシアやミノキシジルを使っても満足できない20代は少なくありません。これは若ハゲがAGAによるものだけではないこととも関係しています。

若ハゲの原因2:頭皮環境の悪化

使っているシャンプーが合っていない、生活習慣が悪い。
このようなことが原因で若ハゲが進行してしまうことが明らかになっています。

頭皮環境が悪化してしまうと、髪の成長に必要な栄養素が十分行き渡らなくなってしまいます。

その結果、髪の毛が細くなりボリュームがなくなる、髪のハリやコシがなくなる、地肌が透けて見えるようになります。

10代20代の若ハゲを解決するために

若ハゲの原因のほとんどは、「AGA」と「頭皮環境の悪化」。ハゲを解消して薄毛を気にしない生活を取り戻すためには、両方を同時に対策することが必要不可欠です。

AGA対策だけをしても頭皮環境が荒れていれば、健康な毛が育つことはありません。頭皮環境が整っても、AGAが進行していれば抜け毛が増える一方です。

ハゲを解消するためには、効果が認められている方法に取り組まないと意味がありません。

残念ながら、シャンプーやサプリメント、頭皮マッサージをどれだけ行っても効果はないのです。

薄毛に効果があると認められているのは、「薬」と「育毛剤」の2つだけ。

ハゲをこれ以上酷くさせないためには、薬か育毛剤を使って対処することが必要不可欠です。

私は生え際の後退が気になってから育毛剤を使い始めて復活できました。
以前までは生え際に産毛のようなヒョロヒョロした毛が多かったのですが、今では1本1本が太くなり、触ったときの感触やボリュームも取り戻しています。

地肌が透けなくなれば周りからハゲを指摘される心配もありません。将来ハゲることを考えて胸を締め付けられるような気持ちに落ち込む必要もなくなります。

10代20代の若ハゲから解放されるために、まずは効果が認められた方法で適切な対策に取り組むことが近道です。

> 若ハゲの改善方法!効果を実感するために知っておきたい2つのこと

> 私が実際に使って効果を感じた育毛剤を本音で評価

【原因3】ストレス

過度なストレスを受けることによっても毛髪に影響は出てしまいます。

ストレスを受けると自律神経が活発になり、必要な栄養素が十分に行き渡らなくなるのは有名な話。
円形脱毛症などの脱毛症もストレスが原因だという説もあるくらいなので、過度なストレスは若ハゲにとってはNG。

とはいえ、ストレスを受けない生活を送ることは難しいので、若ハゲの改善方法をしっかりと取り組むことが大事です。
若ハゲを引き起こす原因をブロックすることで抜け毛の予防につながります。

【原因4】運動不足

デスクワークをしている人や運動不足の人の場合、全身の血流が悪化してしまい、必要な栄養が行き渡らなくなってしまいます。
そうなると髪の毛は細くなり、抜け毛も増えやすくなってしまうため、結果として地肌が透けて若ハゲになるリスクがあります。

特にデスクワークの場合、肩こりや首コリ、眼精疲労などによって頭皮への血行が悪くなりがち。
1日数分のウォーキングやストレッチを取り入れることで血流改善は可能です。

運動習慣を身に着けるのと同時に、若ハゲの原因となるAGA・頭皮環境の悪化を対策することが必須です。

【原因5】睡眠不足

睡眠中には成長ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されるため、髪の毛が太く長く成長します。

睡眠不足が続いている場合、十分な成長ホルモンが分泌されないため、髪の毛が十分に成長できずに細い毛の量が増えてしまいます。その結果、地肌が透けてしまったり薄く感じてしまいます。

睡眠を十分に摂ることは育毛において必須です。
薄毛治療を取り扱うAGAクリニックでも生活習慣の指導は行われ、中でも睡眠については指導を受けることになります。

睡眠不足の自覚がある場合は、まずは睡眠時間を確保することが大事です。
そのうえで、AGA治療薬や育毛剤を使って頭皮環境を整ることで、若ハゲを克服することが可能です。

【原因6】食生活の乱れ

コンビニ弁当、冷凍食品、脂質の多いラーメンや焼き肉など…。
偏った食事を続けていると、髪の成長に必要な栄養が不足してしまうため、当然髪の毛は細く抜けやすくなってしまいます。

髪の毛には、「アミノ酸、ミネラル類、ビタミン類」など、様々な栄養素が必要不可欠。
毎日の食事で必要な栄養素をしっかりと補なうことが、育毛にとっても欠かせません。

どうしても食事を改善できない場合、スカルプ成分を豊富に配合したサプリメントを利用するのも一つの方法です。
サプリメントなら1日数粒を目安に飲むだけで、必要な栄養素を補えるので手軽で便利。

私も若ハゲを克服するためにサプリメントは使っていましたし、栄養素をしっかりと補えるので満足できていますよ。

若ハゲの原因は遺伝の影響だけではない

若ハゲの原因は上でも書いた通り、大きく6つの要因があります。その中で、遺伝の影響を受けやすいのがAGAによる脱毛です。

AGAになりやすいかどうかは、5αリダクターゼ酵素の活性力の高さ、毛根部にある受容体(レセプター)の感度の高さが影響しています。
どちらも母型から遺伝しやすい体質なので、薄毛家系の場合はAGAになりやすい体質は遺伝しやすいです。

とはいえ、薄毛家系でもAGAを発症しない人はたくさんいます。逆に、薄毛家系ではないのにAGAやその他の脱毛によって若ハゲを発症する人はたくさんいます。

結局大事なことは、若ハゲの疑いが少しでもあるなら早めに対策することが大事だということ。

若ハゲは早めに対策することで改善する可能性が高いので、遺伝のせいにするのではなく、効果的な対策に取り組むことが大事です。

若ハゲの原因まとめ

若ハゲの原因はAGAだけではなく、頭皮環境の悪化やストレス、食生活の乱れなど、様々な要因が考えられています。

AGAになるかどうかは遺伝的な要因が大きいですが、その他の原因は後天的な要因がほとんど。
毎日の頭皮ケアが不十分なら細毛や抜け毛によって、地肌が透けやすくなり若ハゲになってしまいます。

少しでもハゲの疑いがあるなら、早めに対策しておくようにしましょう。

> 若ハゲを改善する方法!ハゲから復活するために知っておきたい2つのこと