若ハゲの原因

若ハゲの原因はAGA?!AGAの見分け方と治療方法について書く!

20代でハゲが気になり始めると、ネットでいろいろ調べると思います。私も20代半ばで生え際が後退し始めて、1日中ハゲについてネットで調べた経験もあります。

で、男のハゲといえばAGAの可能性が高いということがわかります。ただし、これはあくまでも40代や50代のハゲの話。

実は10代や20代の若ハゲの場合、AGAを発症する割合はかなり低いことが明らかになっています。

年代別AGAの発症率
  • 20代:6%
  • 30代:12%
  • 40代:32%
  • 50代:44%
  • 60代:51%
  • 70代:61%

20代で若ハゲを発症するのはわずか6%のみ。つまり、10代や20代の若ハゲの原因は、AGA以外にも考えられるということです。

とはいえ、結局気になるのは、「俺はAGAなのか、他の原因なのか?」ということですよね。

今回は、AGAの見分け方と、AGAの治療方法について詳しくまとめました。

若ハゲのAGAとそれ以外の見分け方

AGAなのか、それ以外の原因で若ハゲになっているのかの見分け方は簡単です。

AGAの特徴は、「生え際、頭頂部、もしくはその両方がはげているか」どうかです。生え際や頭頂部が薄くなっているならAGAの可能性が高いです。

特に、いきなりツルツルになっているのではなく、短い毛や細い毛が増えているならAGAの可能性大。その他には、短い毛や細い抜け毛が増えているのもAGAの可能性が高いです。

AGA以外の若ハゲの見分け方

AGA以外でハゲが進行してしまう原因としては、頭皮環境の悪化や生活習慣の乱れがあります。

参考:若ハゲの6つの原因

AGA以外の若ハゲの場合、一部分だけではなく全体的に髪が細くなるのが特徴。以前に比べて髪が細くなっている、ボリュームがなくなっている、地肌が透けているなど。

また、抜け毛も普通に長い毛が抜けることがあります。AGAは短い毛が抜けやすいですが、AGA以外では長い毛も抜けることがあります。

AGAかどうかの見分け方
  • AGA…生え際・つむじなどの一部分だけが薄くなる
  • AGA以外…毛髪全体が薄くなる。細い毛も増えボリュームがなくなる

自分の若ハゲがAGAによるものなのか、それ以外によるものなのかわかりにくい場合、両方を同時に対策しておくと良いです。

どちらが原因なのかわからない状態で片方だけの対策をしても、間違っていたら効果が得られないですからね。

> 若ハゲの改善方法について

若ハゲのAGAを治療する方法

AGAとは、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼ酵素が結合して、脱毛ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が発生することでヘアサイクルが乱れてしまい薄毛になります。

つまり、AGAを対策するためにはDHTを発生させないようにケアする必要があります。

よく「頭皮マッサージやシャンプーはハゲに効果がない」と言われますが、これはDHTの発生を抑えることができないから。

そのため、AGAによる若ハゲの人は、どれだけ頭皮マッサージやシャンプーをしても意味はないです(ただし、頭皮環境の悪化で薄毛になっている場合は別)。

で、DHTの発生を抑えるために効果が認められているのが、AGAクリニックで処方されている「プロペシア」「ザガーロ」と呼ばれている薬です。

プロペシアは5αリダクターゼⅡ型、ザガーロは5αリダクターゼⅠ型Ⅱ型の両方を阻害することで、DHTの発生を抑えます。どちらも臨床実験でその効果が認められているため、国内の病院でも処方してもらうことができます。

AGAによる若ハゲの場合、プロペシアやザガーロを服用することで抜け毛の進行を抑制できます。それと同時に、ミノキシジルという薬を服用することで発毛を促し、若ハゲを改善することが可能です。

ただし、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルは強い効果があるため副作用のリスクもあります。

プロペシアやザガーロの場合、精力減退、勃起不全、抑うつ症状など。ミノキシジルの場合、頭皮の炎症や痒みなど。

発症率はそれほど高くないものの、薬なので副作用のリスクはあります。

若ハゲに効果的な薄毛治療とは?治療内容や費用・副作用を詳しく解説若ハゲを病院で治療する薄毛治療について詳しくまとめました。「薄毛治療って何をするの?」ということから、必要な費用や薬の効果・副作用につい...

若ハゲのAGAを予防する方法

薬ほど作用は強くないものの、最近では脱毛原因をブロックする成分を配合した育毛剤も増えてきています。

育毛剤は薬のような強い効果はないですが、副作用のリスクなく使い続けられるため20代でハゲが気になり始めた方は利用者が多いです。

私も若ハゲ対策のために育毛剤を使い始めました。プロペシアやミノキシジルなどの薬を使うことも検討しましたが、どうしても副作用が抵抗ありました。20代半ばで勃起不全になるリスクがあるのはどうしても許容できなかったんです…。

とはいえ、今では育毛剤で若ハゲを気にしないレベルにまで復活したので満足できています。これからも薄毛や抜け毛予防のために使い続けるつもりです。

> 若ハゲに効くおすすめの育毛剤はコレ

どっちの方法で対策するかはあなた次第

AGAによる若ハゲを対策するために何を使うかは人によって違います。

副作用のリスクを理解したうえで効果を重視するなら病院での治療が必要になります。

私のように副作用のリスクに抵抗がある場合は、金銭的な負担が辛い場合は育毛剤を使う方も多いです。

はじめに育毛剤で様子を見てみて、変化がなければ病院で治療するという人もいます。

結局は何を重視するのか?で変わってくるので、どちらが良くて悪いというわけではないです。

AGAによる若ハゲまとめ

若ハゲの原因はAGAだけではないものの、AGAによる若ハゲを発症する人も少なからずおられます。

AGAが進行してしまった場合、5αリダクターゼをブロックすると同時に発毛促進させることが復活への近道。
効果を重視して選ぶなら病院でのAGA治療が必要になりますし、とりあえず自宅でケアするなら育毛剤が必要になります。

今のところ薄毛に効果が認められている有効成分が入っているのはこの2つだけ。
頭皮マッサージや育毛シャンプーだけではAGAは改善できないので気を付けてください。