若ハゲの改善法

10代の若ハゲを解消するためにやっておくべき2つのこと

最近では、10代でも生え際やつむじの薄毛が気になっている人が増えてきています。

10代の若ハゲは、早めに効果的な対策法に取り組むことで実感しやすく、ハゲを気にしない以前のような生活を取り戻せる可能性が高いです。

ただし、間違った方法や効果のない対策方法に取り組むと効果がないばかりか、抜け毛は日に日に酷くなっていってしまいます。

今回は、10代の若ハゲを解消するためにやっておくべきことについてまとめています。

10代の若ハゲを放置すると20代で確実にハゲ散らかす

10代で若ハゲが進行してしまう原因のほとんどが、「AGA(男性型脱毛症)」と「頭皮環境の悪化」です。

AGAとは、男性ホルモンが原因でハゲてしまう遺伝的な要素が強いもの。

頭皮環境の悪化とは、食生活や睡眠不足、刺激の強いシャンプーを使ったりして頭皮が荒れてしまっていること。乾燥したり皮脂でべたついたりして抜け毛が増えます。

どちらにせよ、10代でハゲが気になっているのを放置してしまうと、ハゲは日に日に酷くなっていきます。

男のハゲは進行するタイプなので、抜け毛は増え、生え際やつむじ周りの毛が細くなり、今よりも地肌が透ける範囲が広がっていきます。

洗面所に行って鏡を見るたびに、薄くなっていく頭髪に将来への不安や焦りを感じる人も少なくありません。

20代以降にハゲが酷くなってしまう前に取り組んでおくべき対策が次の2つです。

10代の若ハゲに効果的な2つの対策方法

育毛剤


生え際やつむじが薄くなっている、髪が細くなって地肌が透けている

こういう状態になっているなら、1日でも早く育毛剤を使うことが必要です。

育毛剤はおじさんが使うもの!というイメージを持つ人もいますが、最近では10代や20代の若い世代がハゲ予防として使っていることが多いです。

実際、育毛剤は毛がなくなってから使っても効果はなく、まだ毛が生えている段階で使うことにより、細くなった毛を育毛する効果があります。

その効果については厚生労働省も承認済み。抜け毛の予防・発毛促進・薄毛に効くことがしっかりと認められています。

育毛剤を使うことによって、髪の成長に必要な栄養素を送り、血行促進して毛生促進効果が期待できます。

しっかり使い続けることで、「生え際が気にならなくなった!」「ヤバイ状態を回避することができた」と満足している人は多いです。

とはいえ、10代の若ハゲには何を選んでも良いわけではありません。
刺激の強い薬品の使用は禁止されているので、10代でも使える育毛剤を使わないと頭皮トラブルを引き起こしてしまうリスクもあります。

10代の若ハゲにおすすめの育毛剤については、次のページでも詳しく紹介しているのでどうぞ。

参考:若ハゲに効く育毛剤おすすめ!副作用のリスクが低いから10代20代でも使える!
参考:育毛剤って本当に効くの?メリット・デメリットまとめ

生活習慣の見直し

育毛剤を使うのと一緒に取り組んでおきたいのが、生活習慣の見直しです。

規則正しい生活リズムを送り、栄養バランスの整った食事、適度な運動、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

育毛剤を使っても髪を作る栄養素が不足していれば、髪の毛は細いまま。

栄養をしっかりと摂っても、運動不足で血流が悪ければ、髪の毛に栄養が届くことはありません。

睡眠不足になると髪の成長を促すホルモンの分泌量が減るため、なかなか育毛効果は感じにくいです。

育毛剤を使うのは当然として、それと一緒に生活習慣を見直すことが大切です。

まとめ

10代でハゲが気になり始めたら、1日でも早く対策に取り組むことが最も大切です。

ハゲに気づきながらも何もしないでいると、気づいたころには明らかに薄毛が酷くなっています。
そのレベルまでくれば、周りからハゲをいじられるのは当たり前ですし、20代以降にはどんどん酷くなってしまいます。

そうなる前に、今できる対策を始めることが必要です。

今何もしなければ、抜け毛は日に日に増えてしまいます。今何もしなければ、明日も同じような毎日が流れ、結局気づいた時にはハゲが酷くなっていくだけです。

ハゲを解消して、髪のことで悩まない生活を取り戻すためにも1日でも早く行動して、できることから始めていきましょう。

参考:10代でも使える若ハゲに効く育毛剤を今すぐチェックする!
参考:育毛剤って本当に効くの?メリット・デメリットまとめ